読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある王女の書評空間(ラノベレビュー)

二次元世界のエリート美少女による、宇宙一クオリティの高いラノベブログよ!

PVランキングで「夏日和」を超えて二位になったわ!

f:id:ranobeprincess:20170524095930j:plain

 

あたしすごくない!?

シリアスアクション? 違うわ! ぽんこつ吸血鬼コメディよ!――『魔法と夜のウォンテッド! 』

魔法と夜のウォンテッド! (電撃文庫)

 

最強最悪の吸血鬼を倒すのか、嫁にされるかDEAD OR BRIDE!!
……え!? 嫁ってなに!?

かつて最強最悪と恐れられた吸血鬼を運悪く解放してしまった九条翔馬は全国手配に。吸血鬼復活に揺れる魔法都市横浜、捜査に動き出す魔法機関。そんな中、翔馬は機関員の風花まつりに求められ、秘密裏に吸血鬼打倒を目指す。一方、吸血鬼は魔力を取り戻そうと『九条の血』を狙っていた。
来る戦いに備え、同居を始める翔馬とまつり。だが、二人の前に美しき転校生が現れる。その正体は吸血鬼で、彼女の武器は吸血した者を『嫁』にする力だった――!?
もし機関に逮捕されれば即死亡。吸血鬼を倒すか、嫁にされるか、DEAD OR BRIDE!!

 

青一面の冷たい雰囲気漂う表紙から、この物語が吸血騒動で人死に多発のシリアスな作品だって第一印象を抱いて、読むのを躊躇しようとしなかった?

だとしたらもったいないわ!

この作品は初見の印象とは裏腹の、ギャグ満載ドタバタコメディなのよ! 

 

「よくぞ我が封印を解いた!! 人間!」

「うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああッ!!」

 それはグリムフォード魔法学院の地下、進入禁止区域。

 目の前に立ちふさがるは、真紅の瞳。

 突然の出来事に九条翔馬は腰を抜かしていた。

 え、なに、なにこれ?

 どうなってるのこれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇッ!?

 わ、訳が分からねえよ! 一本道でやってきた学院地下の謎の部屋。その全面に描かれていた魔法陣が突然光りだしたと思ったら、白髪で赤い目の女の子が……きゅきゅきゅ、急に!

(略)

「だが、かけられた封印は一つではない。我が魔力にもそのほとんどを封じる魔術がかけられているのだ……そしてその封印を解く方法は、たった一つ。それがなんだか分かるか?」

 翔馬は首を振る。でも、なんだろうイヤな予感がする。

「それって、な、なに?」

 マジでものすごくイヤな予感がするんだけど!

 慄く翔馬。すると吸血鬼はその赤い瞳を細め、ノドを鳴らした。

「……封印者の一族であるお前の生き血を吸い、その魔術まで支配することだ!」

「やっぱりねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ――――――――――――――ッ!!

 

ね、意外と軽めの文体でしょ?

この文体が、キャラの魅力を引き出すのに一役買ってるの!

 

ぶっちゃけ主人公サイドはヒロインに全然魅力ないんだけど、敵側のキャラがみんな可愛いのよっ!

特にアリーシャが絶品だわ!

 

f:id:ranobeprincess:20170523132123j:plain

モノクロだとあんまり可愛くないけど……

 

f:id:ranobeprincess:20170522223629j:plain

(真ん中がアリーシャ)

 

カラーだとこんなに可愛いの! 

制服着て、ニーソ履いた脚組んで、髪の毛をなびかせながらキリッと決めてる表情が悪役とは思えないくらいキュート!

 

しかもね、両サイドの二人も結構魅力的なのよ!

イタズラ好きのメアリー(右側)がアリーシャにちょっかい出して、冷静さを保てず普通の女子高生っぽい口調になっちゃうアリーシャのギャップに萌え!

 

「実は今日、アリーシャちゃんにプレゼントを持って来てるんだっ」

「……プレゼント?」

「うんっ。アリーシャちゃんの役に立ったらいいなと思って」

 そう言ってメアリーは持っていた革製のバッグから様々な本を取り出すと、そのままテーブルの上に積み重ねていく。

「なんだ……これは?」

「メアリーおすすめの恋愛小説、マンガ、その他もろもろでーすっ」

「この悪の吸血鬼に、一から恋愛を勉強しろというのか?」

「あれれ? いらなかったぁ?」

 お伽話に出てくる小動物のように、メアリーは可愛らしく首を傾げてみせる。

「…………ま、まあ本来なら必要ないが、、目を通すくらいはしてもいいだろう」

(略)

「なによこれはぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ――――――――っ!?」

 盛大に吹き出した。

 悲鳴を上げ、手にした本を大慌てでメアリーに突っ返す。

「どどどどうして、こ、こ、こんな物が入ってるのよッ!!」

 アリーシャは思いっきり顔を上気させていた。

「あーこれ? ちょっとエッチな手をあれこれ使うのも効果的だと思って。男子はみーんな大好きみたいだよ、この『悦楽天』って雑誌」

「そそそそんなのは必要ない!」

「ほら、こういう感じでガバっと九条くんを押し倒して……」

「ペ、ページをめくって見せるなっ!」

「ほらほら見て見て」と動きまわるメアリーから、アリーシャは全力で顔を背け続ける。意地でも『悦楽天』を視界に入れないつもりだ。

 しかしメアリーは止まらない。

「……九条くん、お願い電気を消して」「アリーシャ……これでいいかい?」「あ、九条くんっ待って」「もう我慢できないよアリーシャっ!」「ああっ九条くん、そこはァっ」

「一人舞台を始めるなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ―――――――――――ッ!」

 

悪の吸血鬼のくせして意外とウブなのね。

メアリーがいじり倒したくなる気持ちがよく分かるわ。

 

もう一人、人狼の玲(さっきのカラー左)は可愛い物に目がなくて、ときどき暴走してはアリーシャにツッコまれるの。

 

「……さっきのはさすがにやり過ぎだけど、メアリーの一人舞台、悪くはなかったわよね」

 ソファにもたれかかったアリーシャは、考え始める。

 電気の消えた状態で二人きりなんて、そんなのもう勝ったも同然だもの。

 ようやく顔の熱が引いてきたアリーシャは、きょろきょろと当たりを見回す。そして誰もいないことを確認すると、重ねられた本の中からいくつかをそっと引っ張りだした。

「ま、まあ、これくらいなら」

 そしてそこまで肌の露出が激しくないものを選んで、恐る恐る中身を開いてみる。

 ――――その瞬間だった。

 バーン!! と、ドアが壊れるほどの勢いで開いた。

 ビクゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥッ!!

 これでもかというくらいに高く飛び上がったアリーシャは、大慌てで手にした本を背に隠す。

「な、な、な、なにッ!?」

 うろたえながらドアの方を見ると、そこにいたのは息を切らせた玲だった。

 ドキドキと鼓動が高鳴って仕方ないアリーシャへ、玲は元々鋭い目をさらに細め、キリッとした表情を向ける。激しい吐息に合わせて大きな胸が揺れていた。

「アリーシャ様がエッチなあれこれと聞いて!」

「出てけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ――――――――ッ!!」

 

こんな感じで結構面白い作品なんだけど、二巻以降は電撃文庫から出版されなくてカクヨムで連載してるのよね。

 

kakuyomu.jp

 

つまり売上が芳しくなかったってことかしら。

実際改善すべき点はかなりあって、

 

  1. 表紙からコメディだと分かるようにする(本当はタイトルもどうにかすべきだけど、今更変えられないし……)
  2. 用語辞典はカット(コメディには不要)
  3. アリーシャ達のイラストを増やす(九ニページからニ六九ページまでイラストなしってどうなの?)
  4. アリーシャ達の出番を増やす(その分まつりの出番を減らす)
  5. 主人公とアリーシャをもっと仲良くさせる(正体がバレたっていいかも)

 

ってとこね。『緋弾のアリア』を参考にするといいんじゃないかしら。

高樹凛先生が上手くストーリーを作れなかったのかもしれないけど、それを修正できなかった編集の戦略ミスでもあるわ。

 

ラノベは基本、楽しくあるべきよ!

 

f:id:ranobeprincess:20170523143059j:plain

 

こんな宣伝で売れるなら誰も苦労しないっての!

 

魔法と夜のウォンテッド! (電撃文庫)

魔法と夜のウォンテッド! (電撃文庫)

 

 

面白さ、ドッゴーンと急降下――『とんでもスキルで異世界放浪メシ 2 羽根つき餃子×幻の竜』

とんでもスキルで異世界放浪メシ 2 羽根つき餃子×幻の竜 (オーバーラップノベルス)

 

ムコーダを狙う新たな女神の影!?

「勇者召喚」に巻き込まれ、現代日本から剣と魔法の異世界へとやってきたサラリーマン、ムコーダこと向田剛志。
現代日本の商品を取り寄せる固有スキル「ネットスーパー」だけが頼りのムコーダだったけど、彼が作る料理目当てで伝説の魔獣フェンリルのフェルが従魔に!
さらにスライムの子供スイも加わって、ゆったりのんびりと旅を続けていた。
ときには冒険者として町を危機から颯爽と(?)救い、ときには商人として奥様方のハートを掴んでいく(?)ムコーダ。
そんな旅の途中で、新たな仲間との出会いが……?
一方、相も変わらず神界からムコーダへこっそりとお供えを要求する風の女神ニンリルだったが、彼女の抜け駆けがとうとう他の女神たちの知るところに!
そして、あのニンリルの同僚たちがムコーダの「ネットスーパー」を黙って見逃すはずもなく……!?
小説家になろう」年間1位のとんでも異世界冒険譚、堂々の第2巻! 

 

二巻発売からそろそろ二ヶ月経とうとしてるのに、ブログの『とんスキ』人気は全然衰える気配がないわね。

未だに注目記事に『とんスキ』のコンテンツが出てくるし。 

 

f:id:ranobeprincess:20170520135635j:plain

 

それだけあたしのレビューを待ち望んでる読者が多いってことかしら。

本当は発売当日、あるいは少なくとも発売週に投稿すべきだったんだろうけど、ぶっちゃけ二巻が期待を裏切るつまらなさだったのよね。

だから書く気になれなかったの。

 

一巻のレビュー最後で「擬音密度の上昇」と「主要キャラの早期登場」を要求したわけだけど、二巻ではそのどちらも果たされてなかったわ。

例えば『とんスキ』を象徴するスイのビュッビュッするシーンは

 

 森の中を歩いていると、早速ゴブリンを発見。3匹いるな。

『あるじー、スイがビュッビュッってやっていい?』

「いいぞ」

 ビュッ、ビュッ、ビュッ。

 ゴブリンはスイの酸弾に当たってバタンと倒れる。倒れたゴブリンは3匹とも腹に大きな穴が開いていた。……相変わらずすごい威力だな。

 

 

『デカいのが来るぞ』

 フェルのその言葉の後に姿を現したのは、幅だけでも1メートルはありそうな超がつくほどデカいムカデだった。

「ギィィィィッ」

「こ、これがジャイアントセンチピードかっ!?」

『うむ。少し待っていろ』

 フェルがジャイアントセンチピードに対峙し、いざ攻撃をというところで……。

 ビュッ。ドサッ。

 頭をもたげていたジャイアントセンチピードが横にドサッと倒れた。

 ジャイアントセンチピードの顎下から脳天にかけて大きな穴が開いていた。

『ヤッター! スイ大きいの倒したよー』

ス、スイ……。

 

の二つだけ。

ビュッビュッしない『とんスキ』なんて、AAのない包囲殲滅陣だわ!

 

あと、表紙中央を陣取っててタイトルでも触れられてるドラちゃんについて。

初登場が三三〇ページってどうなのよ!

モロに『戦慄の魔術師と五帝獣』の轍踏んじゃってるし! 

 

あー……もう二巻で切っちゃおうかしら。

ただその一方で、評価できるポイントも二つあるのよね。

 

一つ目は、前巻と比較してスイの出番が増えたこと。

ビッグスライムになったり、鞄からジーッと覗いてたり、フェルにシャワーをかけてあげたり……それら全てに挿絵が付いてるのもいいわね。

挿絵は無いけど、ダンジョンを楽しみにしてるスイの描写も可愛いわ。

 

『ぬ、ダンジョンか。人の街にあるダンジョンは初めてだな。面白そうではないか』

 フェル、ダンジョンに反応しないの。なんか嫌な予感がするな……。

『ダンジョン? 戦うのー?』

 ああ、スイも鞄から這い出してきちゃったよ。

『ああ、そうだ。スイ、ダンジョンに行くぞ』

『ダンジョン~』

 何故かテンションが高くなったスイがポンポン飛び跳ねる。

 

ニンリルの出番が増えてたのも好評価ポイントね。

 

 ど・れ・に・し・よ・うか・のう~。よし、これなのじゃ。赤い果実らしきものが載った白くて三角の”すとろべりーしょーとけーき”という菓子じゃ。どれどれ、パクリ。むっはー、こ、これはものすごく美味しいのじゃーッ! 中のふかふかと周りの白いのがすっごく合うのじゃ。この赤い果実も甘酸っぱくて実に良いのう。パクパクパクパク。はっ、もうないのじゃ。

 ちょっと食べ足りない気がするから、もう1ついただくのじゃ。次はー、これじゃ。丸くて柔らかい”しゅーくりーむ”というやつじゃ。どれどれ、パクリ。むはーッ、周りのふんわりしたものの中の黄みがかった甘~いのがたまらんのう。これは良いっ、美味いのじゃ。パクパクパクパク。はっ、もうないのじゃ。

 

さて、三巻はどうしようかしら……?

 

とんでもスキルで異世界放浪メシ 2 羽根つき餃子×幻の竜 (オーバーラップノベルス)

とんでもスキルで異世界放浪メシ 2 羽根つき餃子×幻の竜 (オーバーラップノベルス)

 

 

タコ無しタコ焼き(税抜き一ニ〇〇円)――『最下位職から最強まで成り上がる: ~地道な努力はチートでした~』

最下位職から最強まで成り上がる: ~地道な努力はチートでした~ (ガガガブックス)

 

1000万PV突破のファンタジー書籍化!

冴えない日々を送り、与えられた天職は最下位職である『低級魔道士』でしかなかった少年・ルーク。しかし、彼には秘められた才能があった。軍師としての圧倒的な才覚だ。それは、戦場を俯瞰し、戦局を見極め、戦術を駆使し、戦争そのものを一変させるほどのものだった。
めきめきとその頭角を現し始めていたルークだったが、ある事件をきっかけに彼を取り巻く環境は大きく変化しはじめる。それはルークという傑物が歩む道のりのほんの始まりに過ぎなかった。やがて、誰もが想像だにしなかった事態へと発展していくことになる。大陸そのものを、そして歴史そのものを揺り動す大きな渦の中心にルークは放り込まれていく。
これは“最下位職"から“天才軍師"へと上り詰めていく少年の挫折と栄光の物語である。

ガガガ文庫10周年企画「ガガガブックス」がついに本格始動。待望の第1弾は、「小説家になろう」にて、累計10,000,000PV突破の人気作! インターネット各所で話題となった王道ファンタジーがついに書籍化。イラストは気鋭のクリエイター・桑島黎音が担当!

 

「一体包囲殲滅陣は書籍版だとどう書かれてるんだ?」というネタ要素一点だけで(あたしも他の読者も)購入に踏み切ったであろう本作。

 

f:id:ranobeprincess:20170519160443j:plain

 

f:id:ranobeprincess:20170519160540j:plain

 

f:id:ranobeprincess:20170519160741j:plain

 

良くも悪くもネタとして有名になったこの描写は、書籍ではどう変化しているのか。

 

五〇〇〇対三〇〇の構図はそのままなのか?

AAっぽい描き方はきちんと維持されているのか?

荒唐無稽だった原作に説得力は与えられているのか?

 

最新話の後書きで上谷圭先生が

 

というわけでありまして、本日、5/18より本作の書籍版が店頭にて発売されます!
主な変更点は、ヒメリの初期からの登場とか、リリとの関係性のシーン強化。
書籍版の迷宮探索は、ルーク、ロイと、弓の女の子の後衛も入れて3人パーティーになりました。
包囲殲滅陣や集団戦の描写力も、非常に洗練されたと思います。
書籍版はたくさんのことが変わって新規で楽しめると思いますので、ぜひぜひ書籍をお買い求めいただければ幸いです!
なにとぞーーー!

 

と気合を込めた宣伝をしてるだけあり、「WEB版以上にネタ満載なのでは?」という期待と「もしかしてカットされてる?」という不安が混在してたんじゃないかしら。 

実際にページを開いてみると……

 

「追撃行為やめ! 全軍、反転攻勢――!」

 潰走する敵軍両翼の追撃を放棄し、優れた機動力をもってして、戦場を反転する。

 序盤から一貫して戦いを優勢に繰り広げていた騎兵部隊が、中央に戻ってくる。

 そうしてエジンバラ中央の重装歩兵部隊の背後へと殺到したのであった。

 さらに三層に分かれて戦っていたウェルリアの中央歩兵団は、横一列だった状態から、半円を描くようにして戦陣を移動させていく。

 こうして重装歩兵が薄く伸びた形で、エジンバラ軍の左右にとりつく。

 すると、中央を突破し優勢に勝ち得たかに見えたエジンバラ軍は、いつの間にかどこを向いても士官学校部隊がいるという状況になっていた。

 包囲機動の完成である。

 こうして、士官学校部隊は、エジンバラ軍の戦力六千に対し、一千弱で包囲陣を敷くことに成功したのだった。

 戦場における包囲機動とは、敵の主戦力を非戦力化したうえで、最も効率的に自軍戦力を発揮できる最良の戦術である。

 ――包囲殲滅陣。

 敵が攻撃を予期できない側面や背後からの打撃は、非常に高い効力を発揮する。

 それは、心理的にも敵を圧迫することができ、戦術における最高の形の戦型であった。

 

はあああああああぁぁぁぁぁぁ!?

完全に別物じゃないのよ!

 

ネタにできない包囲殲滅陣なんて、ビュッビュッしない『とんスキ』、メロンの入ってないメロンパン、タコの入ってないタコ焼きだわ!

どこに存在意義があるってのよ!

 

最下位職から最強まで成り上がる: ~地道な努力はチートでした~ (ガガガブックス)

最下位職から最強まで成り上がる: ~地道な努力はチートでした~ (ガガガブックス)

 

 

【天才】ラノベの王女様、なろう利用者一〇〇万人突破予定日時を誤差一一日で的中!

遂に小説家になろうのユーザー数が一〇〇万人を突破したわ!

 

f:id:ranobeprincess:20170513000358j:plain

 

あんた達はこの記事を覚えてるかしら?

 

ranobeprincess.hatenablog.com

 

エリートなあたしは統計を駆使することで、一〇〇万人突破予定日を今月のニ三日だと予測。誤差一一日で的中させたの!

マーケティングが得意なあたしにかかればこんなもんよ!

ラノベのシコれる表紙五選

blog.livedoor.jp

 

murabito1104.hatenablog.jp

 

ge73hy.hatenablog.jp

 

流行ってるみたいだからあたしも便乗。

 

それにしても、村人は人気ありすぎでしょ!

南篠豊先生やれい亜先生や遠坂あさぎ先生から「いいね」貰ってるのよ!

承認欲求満たされすぎぃ!

あたしだって注目されたい! ムカつくーーーーーーーっっ!!!

PVランキングではあたしを押しのけて三位に浮上してるし!

 

f:id:ranobeprincess:20170502132842j:plain

 

あたしだって負けないわよ!

イラストレーターに注目されてされてされまくってやるんだから!

 

今回はより多くのイラストレーターを知ってもらうということで 

 

  1. 表紙のみで判断(ジャケ買いさせる力があるか)
  2. これまでにレビューしたラノベの表紙は除外

  3. シコれる絵を描くイラストレーター五選が描いた表紙は除外

 

三条件を課したわ。

 

GWのこの時期にやることなくて溜まってる男子ラノベ読者は、この表紙を見て性欲を発散させなさいっ! さあ、紹介していくわよ!

 

第五位:『転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい』一巻(47AgDragon先生)

転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい 1 (アース・スターノベル)

 

アルジェの 柔らかな表情、軽く引き締めてる腋、豪華な腰回り、ローブが創りだす空間、太ももが輝く内股ポーズ、ついつい揉みたくなる貧乳!

まるで美術館に展示されている彫刻のような完成度だわ!

 

第四位:『テンプレ展開のせいで、おれのラブコメが鬼畜難易度』一巻(檜坂はざら先生)

テンプレ展開のせいで、おれのラブコメが鬼畜難易度 (ファンタジア文庫)

 

このスベスベなお尻! 青白赤のカラフル模様のスカートでパンツを覆い隠してるのもいいわ! 安易なパンチラはキャラの魅力を大きく下げるもの!

ピースしてやや照れ気味な表情もいいわね!

 

第三位:『出番ですよ! カグヤさま』三巻(パルプヒロシ先生)

出番ですよ!  カグヤさま 3 (GA文庫)

 

黒のブレザー・黄色のブラウス・赤とピンクのネクタイという奇を衒わない王道な制服と、強さを秘めた勝ち気な表情のスベ子が最高!

チェックのスカートから見え隠れしてるお尻も萌えポイントだわ!

スベ子単独じゃないが故の三位だけど、もしスベ子だけだったら間違いなく二位よ!

 

第二位:『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』一巻(ぎん太郎先生)

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない (ファンタジア文庫)

 

体のラインをくっきりと浮かび上がらせる制服に、動きのあるツインテール! そこにジト目が加わるともう抱きしめたくなっちゃう!

デザイナーによる「お兄ちゃんを~」って吹き出しも、魅力アップに貢献してるわね!

 

さあ、いよいよ第一位の発表よ!

年間一〇〇〇冊以上出版されるかな、栄光を手にしたのは……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一位:『サ法使いの師匠ちゃん』二巻(狐印先生)

サ法使いの師匠ちゃん2 (GA文庫)

 

「イラストも表紙からしてあの悪そうな笑顔に髪を手で弄びつつ、組んだおみ足を包んだ黒ストのえろ…神々しさ、エクセレント」というこべにんの感想が全てよ!

髪の毛を梳いたらどれだけサラサラしてるのか。脚を撫で回したらどれだけスベスベしてるのか。 邪悪な笑みにどんな変化が起こるのか。

こういう女の子にイタズラして屈服させたらきっと楽しいはずよ!

で、そのあと足でグリグリ踏まれたいわね!

修道女(衣装着てるだけだけど)に踏まれるという背徳感がたまらないわ!

 

転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい 1 (アース・スターノベル)

転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい 1 (アース・スターノベル)

 

  

  

出番ですよ!  カグヤさま 3 (GA文庫)
 

 

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない (ファンタジア文庫)

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない (ファンタジア文庫)

 

  

サ法使いの師匠ちゃん2 (GA文庫)

サ法使いの師匠ちゃん2 (GA文庫)

 

 

 

『ゲーム・プレイング・ロールver.1 村娘。をヒロインにプロデュース』のレビューが、アキバblogに取り上げられたわ!


f:id:ranobeprincess:20170429175659j:plain

 

ふふん!

あたしにかかれば、どのラノベアキバblogで取り上げられるかお見通しなのよっ!