読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある王女の書評空間(ラノベレビュー)

二次元世界のエリート美少女による、宇宙一クオリティの高いラノベブログよ!

チョロイン僕っ娘勇者最高っ!――『女神の勇者を倒すゲスな方法「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」』

ラノベレビュー

女神の勇者を倒すゲスな方法 「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」 (ファミ通文庫)

 

女神に祝福されし勇者の天敵は、人類最大の裏切り者!?

「勇者共をどうにかしてくれ!」いきなり剣と魔法の世界に召喚された外山真一に召喚主の“蒼の魔王”は土下座で頼み込んできた。魔王は可愛い娘のために、美味しい食料を求め人間界に来ただけで、人類に危害を加える気はないらしい。なのに殺しても蘇える勇者達に毎日襲撃され困っていたのだ。せっかく異世界に来たんだし、と真一は勇者撃退に乗り出すが、彼の策略は魔族すらドン引きするものばかりで――!! 第18回えんため大賞特別賞受賞作、魔王の参謀となった少年の勇者攻略譚、登場!

 

著者の笹木さくま先生は夏希のたね先生の新PNみたい。

『あやかしマニアックス!』以降音信不通だった*1から心配だったわ。

 

ファミ通文庫の刊行予定にあった時からこの作品が気になってたのよね。

あたしの大好きな魔王と勇者ものだし、しかもイラストレーターが『転生従者の悪政改革録』でおなじみの遠坂あさぎ先生だし。

シコれるイラストレーター第三位なのよ! 購入決定でしょ!

 

カクヨムで先行公開されてたから見てみたんだけど、「ゲス」ってタイトルの割に中身は結構ほっこりしてるわ。

例えば魔王が人間界進出の経緯を語るシーン。

 

「勘違いするでないぞ、我は人界への進出を決め、実際ここに城を建てたが、人間共を虐殺して奪ったわけではない」

「えっ、そうなの?」

「はい、そんな酷い事をしちゃ嫌ですよって、リノがパパに頼んだんです」

 驚く真一に、リノが笑顔で答える。

「蛆虫共など、滅ぼした方が楽であろうに……(ボソッ)」

 父親の方は、不服そうに愚痴をこぼしていたが。

「パパっ!」

「ごほんっ……とにかくだ、優しいリノの慈悲により、我らは人間共が誰も住んでいない、この山岳地帯を選んで拠点としたのだ」

 

リノいい娘!

最近のファンタジーはなろう系が主流だからやたら残酷になりがちだけど*2、やっぱりコミカルなのが一番よね!

 

設定が設定だから戦闘で死者が出るけど、ドラクエJRPG世界をパロった作品だから、人間も魔族もすぐに蘇生できるの。

そんなわけで主人公の真一は勇者達を肉体的にではなく精神的に追い詰めるから、グロが苦手でも大丈夫よ。ちょっと引用してみるわね。

 

「あっ……がっ、ぬぐぅ……!」

「余裕のない騎士殿に代わって、私が説明して上げよう。彼に飲ませたのは『チェキンの実』を煎じた物だよ」

「チェキンの実?」 

 レンジャー達が知らないのも無理はない、人間の世界には存在しないのだから。

「魔界に生える植物の実だよ。非常に不味いのだがある効果があってね、特に女性達の間では重宝されているのだそうだ」

「女性……まさかっ!」

 気付いた様子の女神官に、真一はニヤリと笑って告げる。

「そう、お通じを良くする薬――つまり下剤だ」

 ぐぎゅるるるっ!

 まるで正解だと答えるように、騎士の腹が破滅の異音を響かせた。

「た、頼む、鎖を外してくれ!」

「我々が差し出した手を払ったのは、君の方じゃないか。今更虫が良すぎるな」

「あっ、ぐぅ……だが、騎士として、女神の勇者として、邪悪な魔族に屈するなど……っ!」

「見事な覚悟だ。ならば汚物で汚れる程度、どうという事はないだろう?」

「だ……だが、しかしぃ……っ!」

 歯を食いしばって耐えながら、騎士は女神官を見る。

 この戦いが終わったら、一緒になろうと約束していた愛しい女性。

 彼女は恐怖からか、顔面を蒼白にしながらも、目を逸らせず彼を見つめていた。

 だから、騎士は恋人の眼前で、ついに――

「見るな、見ないで……あっ、あああぁぁぁ―――っ!」

 

……まあ、かなり下品だけど。

 

本題はここから!

『女神の勇者』の見どころは、メインヒロインのアリアンよ!

 

f:id:ranobeprincess:20170212030621j:plain

 

遠坂あさぎ先生が描く美少女はどれもほんわかしててシコリティが高いんだけど、その中でもアリアンは格別よ!

ピュアな表情がたまらないわ! おっぱい揉みたい!

 

しかも! しかもよ!

和武はざの先生が描いた応援イラストを見たら嬉しい事実が判明したの!

 

f:id:ranobeprincess:20170212022500j:plain

 

f:id:ranobeprincess:20170212022735j:plain

 

アリアンは僕っ娘だったの!

 

特設ページにアクセスすると、カクヨム掲載分からは分からなかった*3アリアンのチョロインっぷりを垣間見れるわ!

 

f:id:ranobeprincess:20170212022101j:plain

 

ん? 今何でもなってあげるって言ったわね?

だったらおっぱい揉ませなさい! あと髪の毛の匂いも嗅がせなさい!

このチョロインっぷり、最高っ!

 

いや~、遠坂あさぎ先生を選んだ担当編集はいいセンスしてるわ!

いろんな先生が応援イラストでアリアン描いてるけど、どれもクセが強すぎて、ほっこりした雰囲気にマッチしてないのよね。

辛うじて夜ノみつき先生だけがアリアンの明るい性格を表現できてるかしら。

 

f:id:ranobeprincess:20170212115301j:plain

 

 

もちろん、作者である笹木さくま先生だっていい仕事をしてるわよ。

真一の策はゲスいけど、性格は他人思いの優しいキャラなの。

終盤、真一はアリアンに自分の思いを打ち明けるわ。

 

「アリアン、俺はこの通り、お前の気持ちを弄んだゲス野郎だ。だがそれでも、人も魔族も関係ない、鱗が生えているとか、女神を信じていないとか、そんな些細な事で迫害されたり殺されたりしない、楽しい場所があったら良いと思う」

 全世界を平等で平和に、とは言わない。

 真一はそこまでの聖人君子ではない。

 ただ、目に見える範囲、手の届く人達だけでも、幸せでいて欲しいという願いは本物。

 

ゲスだけどクズじゃないのがいいわね!

エピローグの、真一がアリアンを魔族に紹介するシーンもほのぼのとしてて好き!

 

「というわけで、ほいっ!」

 真一は掛け声と共に、アリアンの赤いマフラーを奪う。

「ひゃあっ!」

 アリアンは悲鳴を上げ、慌てて両手で隠すが、集まった魔族達は喉にある赤い輝きを、しっかりと目に焼き付けていた。

「ほう、本当に半竜人のようであるな」

「うわー、宝石みたいで綺麗な鱗です!」

「赤色って事は、赤き竜の子供って事かブー?」

「人界の赤き竜と、魔界の黒き竜、どちらが強いのか興味深いモ!」

 魔族達は珍しさに驚いたり、賞賛の言葉を送るだけで、畏怖の視線や罵声を浴びせたりはしない。

「えっ、何で……」

「だから、こういう連中なんだって」

 首の鱗程度、人間の中では異端でも、蛇女や人魚だって居る魔族の中では、個性の一つでしかない。

「来て良かっただろ?」

「……うんっ!」

 

くうーーーーっっっ!! キュンと来ちゃう!

 

 

追記

 

 

 

遠坂あさぎ先生は、電撃の『ガーリー・エアフォース』や、読書メーターで高評判だった『転生従者の悪政改革録』でさえ成し得なかった重版を、本作で初めて達成したみたい。

最後までほんわかした世界観を守りぬいたこと。

だからこそ、『女神の勇者』はここまでの人気作になったんじゃないかしら。

 

女神の勇者を倒すゲスな方法 「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」 (ファミ通文庫)

女神の勇者を倒すゲスな方法 「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」 (ファミ通文庫)

 

 

*1:ニ〇一ニ年と一三年にファンタジア文庫から一冊出してるみたい。全然知らなかった。

*2:今までに三回ぐらいこの発言した気がするわね。

*3:これが大きなマイナスポイント。ヒロインの属性は初登場時にちゃんと描写しなさい!

【速報】あたしのコメントが庄司ラジオに採用されたわ!


13:00からよ! チェックしなさいっ!

読解力が無いから、「お金の奴隷解放宣言」をクリエイターへの侮辱だと誤解する。

『とんスキ』の考察記事を書いてる最中だったんだけど、どうも亮廣がおもしろいことしてるみたいじゃない。

 





一般人は勿論、クリエイターからもボッコボコ。

「クリエイターを馬鹿にするんじゃねええええ!!!!」って逆鱗に触れたんだとか。

 

ネット民(twitter民?)のブチ切れ具合ったらすごいのなんの。

先のブログ主は「外側から持ち込んだ爆弾だ」なんて憤ってるし、まとめは現在進行形で絶賛炎上中だし。

流石は有名人だけあって、炎上王女と名高いあたしの遙か先を行ってるわね。

 

一体亮廣がどんな記事を書いてるのかあたしも見てみると……

 

…………

………………

……………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に、クリエイターバカにしてなくない?

 

例えば無料公開を決断した時の

 

制作サイドの理由になるのですが、実はこの決断には勇気が要りました。

制作スタッフには最初の段階ですでに給料が支払われていますが、僕や出版社は絵本の売り上げ(印税)で生活しているからです。

「無料にしてしまうと、食いっぱくれてしまうのではないか?」

そんな不安もあります。

 

からは、むしろスタッフや出版社への思いやりを感じるわね。

「無料にして、制作に協力してくれた人は生活できるのだろうか?」って。

 

じゃあクリエイター達はどこにキレたのか。

キングコング西野の件は「炎上」では足りないによると、亮廣が批判されるべきなのは「作品を無料で*1公開したこと」じゃなくて公式ブログ文中の「糞ダセー」「お金の奴隷解放宣言」の二語にあるみたい。

 

あたしも該当箇所を読んだんだけどさ、

批判者は読解力無さ過ぎぃ!

 

サルでも文章構成を理解できるように、「糞ダセー」の部分を引用して、対応を分かりやすくするために色付けして、さらに抜けてる主語を挿入してみたわ。

 

自分は『えんとつ町のプペル』を子供にも届けたいのに、たった「お金」という理由で、受けとりたくても受けとれない子がいる。》

 

が求めているのに、『お金』なんかに「ちょっと待った!」をかけられているのです。

 

お金を持っている人は見ることができて、

お金を持っていない人は見ることができない。

 

「なんで、人間が幸せになる為に発明した『お金』に、支配され、格差が生まれてんの?」 と(僕は)思いました。

そして、『お金』にペースを握られていることが当たり前になっていることに猛烈な気持ち悪さを(僕は)覚えました。

 

「お金が無い人には見せませーん」って(僕の行動は)ナンダ?

糞ダセー。

 

……いや、モノによっては、そういうモノがあってもいいのかもしれません(←ここ大事!ニュースになると切り取られる部分ね)。

 

しかし、はたして全てのモノが『お金』を介さないといけないのでしょうか?

 

記事を通読すれば分かるように、文中にクリエイターの語が出てくる箇所は最後の一文*2だけであり、その事実を考えれば「糞ダセー」のは亮廣本人だし、「お金の奴隷」とは本を届けたくても届けられない自分本を受けとりたくても受け取れない子供と考えるのが適当でしょうに。

奴隷の例えも別にクリエイターを揶揄してるんじゃなくて、お金に支配されてる、お金によって格差が作られてる現代人のありように疑問を提示してるだけじゃないの?

 

 

 

  

何をどうすればクリエイター一般の話になるのか理解不能。

twitter検索すると他にも「西野は金を汚いと思ってる」とか「それどこに書いてある?」って読み方してるし。

西野亮廣が考える、これからの働き方【インタビュー前編】見るとむしろ逆じゃん!

 

僕は夢を実現させる為に必要なお金の仕組みや、僕が本を作るためや、個展を聞くためにどれだけお金がかかったかということをしっかりと書きます。でも、そういうことを書くと、『お金の話をするなんて、汚い』と言う方が一定数いらっしゃいますね。ものすごくアホなんだと思います。

 

亮廣を叩きたいからってひどすぎ!

読解力の種類について。のコメントまんまじゃない!

 

f:id:ranobeprincess:20170123022331j:plain

 

f:id:ranobeprincess:20170123022450j:plain

 

 

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

 

 

*1:既に有料でニ三万部売り上げている事実に注意。

*2:追記された文なので、最初は存在しなかった。

四〇〇〇〇アクセス突破!

f:id:ranobeprincess:20170120144228j:plain

 

あたしったら最強ね!

森田季節先生の百合百合まったりスローライフファンタジー~紅緒先生のシコれるイラストを添えて――『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』

ラノベレビュー

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました (GAノベル)

 

スローライフを300年続けてたら、世界最強になっていました。
……スライムを倒しすぎたせいで。

森田季節が贈る「小説家になろう」人気作!
日間1位、週間1位を獲得! 累計5,000,000PV突破の異世界アットホームコメディが待望の書籍化! !

スライムの故郷には秘密がいっぱい!?
本書だけの書き下ろし短編「娘の里帰り」も収録



現世で過労死した反省から、不老不死の魔女になって、
スローライフを300年続けてたら、いつの間にかレベル99=世界最強になっていました。
生活費を稼ぐためにこつこつ倒してたスライムの経験値が蓄積しすぎたせいみたいです……。
そんな噂はすぐに広まり、興味本位の冒険者や、決闘を挑んでくるドラゴン、
果ては私を母と呼ぶモンスター娘まで押し掛けて来るのですが――。

「だから、道場じゃないんだから道場破りに来ないでよ……」

冒険に出たことないのに最強……って、どうなる私のスローライフ! ? 

 

来た来た来た来たああああぁぁぁーーーーーーーーーーーーっ!

なろう連載中からずっと楽しみにしてたのよ!

 

著者は百合オブ百合の森田季節先生!

イラストは今最もシコれる絵を描くイラストレーターの紅緒先生!

このコンビネーション、いいじゃないっ!

例えるならフレンチにおけるポルチーニとトリュフ! 二つの香りが融合して、新しい体験を提供してくれるわ!

 

ちなみにあたしの「シコれる」発言を取り上げて

 

 

ってあたしをネカマ扱いしてるみたいだけど、笑うヤカン先生の例があるように別に不自然でもなんでもないわ。

 

 

何と言っても紅緒先生のイラストが最高にシコリティが高いの!

あたしがオタク男子だったら、もう表紙だけで一〇〇回はオナニーしてるんじゃないかって出来栄えよ!

 

少し首を傾げてウィンクしてる表情が萌え!

トルコ石みたいに透き通るような青い目が萌え!

腰まで伸びる金髪が萌え!

適度に膨らんだ胸元が萌え!

スライムを優しく抱きかかえる姿に萌え!

膝をキュって可愛く閉じてる姿勢に萌え!

存在感のある大きな帽子が似合ってて萌え!

 

もじもじしながらスライムを見つめる挿絵に萌え!

 

f:id:ranobeprincess:20170116161554j:plain

 

満足そうな顔でライカをなでなでしてる口絵に萌え!

 

f:id:ranobeprincess:20170116161328j:plain

 

ちなみにライカの本当の姿はドラゴンで、

 

f:id:ranobeprincess:20170116163158j:plain

 

人間態は頭から角が二本突き出た、十三歳くらいでロリータファッションの美少女!

 

f:id:ranobeprincess:20170116162925j:plain

 

この作品、どのキャラもみんな個性的だし可愛いし、もうたまんないわっ! 

表紙のスライムでさえもあのデザインでしょ? 紅緒先生は雰囲気を理解してる!

なろうファンタジーだと、主人公サイド以外は魅力が欠けてたり、コメディであっても敵キャラは容赦なく殺したりする傾向にあるけど、『スライム倒して300年』はのほほんとした作品だからその点は安心よ!

 

あと主人公(兼ヒロイン?)のアズサ、前世で過労死したからか、他人への思いやりがMAXないい娘なの! 超優しい!

 

「今日はもうおひらきにしよっか。村に戻ろう。あなたの宿も手配するから」

(略)

「いえ、アズサ様、私は疲れてませんのでこのまま続けられます」

(略)

「ドラゴンは夜目も利きますので。徹夜をすれば、明日には完成しますよ」

(略)

「そういうのは絶対にノー!!!」

 私は大きな声で言った。

(略)

「ライカ、あなた、徹夜をすればいいとか言ってたよね。そこがダメなの。本当にダメ!」

(略)

「ほら、暗くなってるでしょ。これはこの世界が今日はここまでと言っている証拠。少なくとも私は無理をして強くなったわけじゃない。ほどほどの生活をキープしてきただけ」

「わかりました。アズサ様の言うとおりにします……」

「そう、それでいい」

 私はにっこりと笑った。

 

暴走して自分の家を壊した相手だってのにこの配慮! アズサちゃんマジ天使!

 

ライカだけじゃなくて、他のキャラにもアズサは優しく接するわ。

なんと自分を殺しに来たシャルシャでさえも、家族として迎え入れるの!

 

「だって、私はあなたの生みの親なんでしょ。じゃあ、放っておけないじゃない」

 いや、親じゃなくても、子供が倒れてたら助けるけどね。実年齢はこの場合無視する。

 でも、ここは親だからと言うべきだろう。

 シャルシャの目になぜか涙がたまってきた。

「お、お前は親と言えなくもない。けど、……そ、それでもスライムの仇で……」

 ファルファちゃんがシャルシャの手をとった。

「シャルシャ、もう意地張るのやめようよ」

「姉さん……」

(略)

 私は娘二人のそばに寄る。

「部屋はまだ開いてるから、ここに住んでもいいよ。むしろ、住みなよ」

 

これは女の子のあたしだってアズサに惚れちゃうわよ! ペロペロしたい!

 

アズサもいいけど、ベルゼブブもまた魅力的よ! 

森田季節先生が活動報告で「いじめられたり踏まれたりえっちことされたりしたい」って自分の衝動を赤裸々にぶちまけるほどだしね。

 

f:id:ranobeprincess:20170116165027j:plain

 

f:id:ranobeprincess:20170116165122j:plain

 

尊大な口調の魔族キャラ、あたし大好き!

ベルゼブブは三〇〇〇年生きてる上級魔族で、ブルードラゴン五匹を瞬時に撃退(もちろん弱らせただけ)できる実力持ちなのに、強さだけじゃなくて思いやりにもあふれてる。こう見えて実はツンデレよっ!

物語終盤の温泉シーンから文章と挿絵を引用するわ。

 

「おぬしらのそばにおると、面白いことが起こりそうで楽しいのう」

「一概に楽しいと言いづらいことも多いけどね。でも、今回はあなたのおかがで助かったよ。こっちの町が守られたのはベルゼブブのおかげだし」

「何度も言うが、ブルードラゴンを退治したのは、おぬしらのためにやったんではなくて、結果論じゃぞ。感謝の意を示すのは勝手じゃがな」

「じゃあ、勝手に感謝するよ。それに頼んだらどうせ手伝ってくれただろうし」

「ま、まあな……。それより、また一対一で勝負させるのじゃぞ」

「うんうん、わかってるよ、お姉ちゃん」

 

 変な間ができた。

 

 私も言ってから、あれ? と思った。

 

「なんで、わらわがお姉ちゃんなのじゃ……?」

「いや、あなたって頼んだらいろいろ手伝ってくれるし、世話焼きだし、なんというか、お姉ちゃんぽいから……お姉ちゃんって……ぷっ、ぷぷ……」

 それから、私は声を出して笑った。

 

f:id:ranobeprincess:20170116165209j:plain

 

人間もドラゴンも精霊もエルフも魔族もみんな仲良し!

ニ〇一七年のラノベはこれで決まりね!

 

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました (GAノベル)

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました (GAノベル)

 

 

え? 岡本基(obakemogura)って任天堂の社員だったの?!

f:id:ranobeprincess:20170114111413j:plain

 

そんな大物にブログ取り上げられるなんて、あたし神じゃん!

虎走かける先生「私はびっくりするくらい凡人です(兄は博士課程修了)」←は?

文化資本

 

ゼロから始める異世界生活……じゃなくて『ゼロから始める魔法の書』の虎走かける先生が、作家になるまでの人生を ブログで振り返ってるわね。

アニメ化するだけあって、案の定文化資本マシマシな記述があちこちにあるわ。

 

そして普通に進学します。

私は特に頭がいい人間ではないのですが、

「その一瞬学んで乗り切る」という事は得意な方でしたので、

勉強は普通に好きでした。

いい点とれるといい顔できるしね!

ほら私とんでもないクソガキだったもんだから、「はぁー? こんなもんもわかんないの?」ってクラスメイトに上から目線で勉強教えるの超好きだったから。

 

ところで兄は無事に博士課程を修了し、気が付いたら博士になってました。

この兄についてもイロイロドラマチックストーリーがあるけどそこは割愛。

ちなみに兄の博士論文のスペシャルサンクスには私の名前が載っているらしい。

ひゅー兄弟愛ー!

 

こんな恵まれた環境に生まれてるのに、

 

いかがでしたでしょう。

私は昔昔のその昔、受賞したり、アニメ化したりする作品をかけるひとは、

何か特別な才能を持っているんだと思っていました。

でも私はびっくりするくらい凡人です。

努力家でもないし頭もよくないしなにかすごい経歴とかあるわけでもない。

私の場合は「続けていたから運と縁に恵まれた」という感じでした。

たぶん私の人生におけるステータスは「ラック」に極振りされている。

 

とかふざけてんの? どこが凡人なのよ!

家族仲いいのはもちろん、博士卒の家族がいて、凡人なわけないでしょ!

親の文化資本抜きで、そこまでの学歴獲得できないわよ!

どうせ「実は両親も理系の学部卒なんです」ってオチなの分かってるし!

 

それに、同世代における博士課程修了者が何%か知ってて言ってるの?

平成27年度学校基本調査(確定値)の公表についてによると、高校卒業者一〇七万人に対して博士修了者は一七〇〇〇人しかいないんだから!

博士の人間は、同世代中わずか一・八%のスーパーエリートなのよ!

 

虎走かける先生は、自分が普通じゃないことに気づきなさいっ!

「オレは平凡なごく普通の人間」なんてのはウソよ!

ラノベ作家なんだからそれくらい知ってるでしょ!