読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある王女の書評空間(ラノベレビュー)

二次元世界のエリート美少女による、宇宙一クオリティの高いラノベブログよ!

魔性の女子、シアン萌え!――『魔法学園<エステリオ>の管理人 ~最強勇者だった俺の美少女コーチングライフ~』

魔法学園<エステリオ>の管理人  ~最強勇者だった俺の美少女コーチングライフ~ (ダッシュエックス文庫)

 

 元勇者の最強主人公、先生になるってよ! 世界最高レベルの魔法使いの血統に生まれたレオは、勇者となり魔王を倒すが、あまりの強さに疎まれ、隠遁することに。そしてなぜか、魔法使いを育成する魔法学園エステリオで管理人(雑用係)生活をしていた! ?そして、落ちこぼれクラスのコーチを引き受けることになるのだが……。元勇者のアフターライフ系育成ハーレム、新学期開校! 

 

ヤバいわ! ここ最近のラノベヒロインの中で、シアンが一番可愛いっ! 

 

f:id:ranobeprincess:20160825230810j:plain

 

どう? どう? めっちゃ可愛くない? 

ちっこくて! つぶらな瞳で! 黒髪ロングで! 凛としてて! 男口調で! JK!

あまりの魅力に、初登場時の描写だけでもう心臓がバクバクしっぱなしよ!

原雷火先生のシンプルで無駄のない文章と、『帰ってきた元勇者』でお馴染みの米白粕先生による、シコリティの高い挿絵。

まるで高級フランス料理店の牛フィレとフォアグラのロッシーニのように、互いが互いの魅力を最大限に引き出し合ってるわ!

 

 ギリアムの陰から小柄な少女が、音も立てずに姿を表した。

 黒髪は艶やかなストレートで、背中を覆い隠すくらい長い。

 黒曜石色の瞳が射貫くようにクリスを見据えた。

「私はシアン・アプサラス。都合により、先ほどエステリオに着任した」

 

 

f:id:ranobeprincess:20160825230855j:plain

 

たまらないわ! 後ろから抱きしめておっぱい揉みたい! ついでにシャンプーの匂いも嗅ぎたいっ!

 

でね、シアンは主人公と敵対してるんだけど、単なる嫌な奴じゃないの!

 入試次席の実力でありながら、スライムみたいなモンスターにブラを盗まれて、主人公とラッキースケベするコミカルな一面も見せるのよ!

 

「ま、待つのだ! それを返せ! おのれええええ!」

 やつに遅れて第一更衣室から少女が飛び出してきた。

 黒髪を振り乱した少女は、下着姿だ。

 純白のパンツのみを着用した状態だ。

 胸を腕で押さえるようにして、少女は吠える。

「待たぬというなら、実力を持って排除する!」

 その瞳が、一瞬――漆黒から光を帯びた。

「おい。落ち着け!」

 俺が声をかけると、少女――シアン・アプサラスは真顔になって、その場で固まった。

 ほのかに宿りかけていた瞳の魔法力も雲散霧消する。

「貴様は……誰だ?」

 まるで初対面扱いだな。ギリアムクラスの生徒なんだから、そもそも俺の事なんて眼中に入りもしないか。

「管理人のレオだ。一度会ってるだろ。ギリアムクラスのシアンだよな? たしか軍師アプサラス家の……」

「いかにも」

「ところで、その格好で廊下を徘徊するのはまずいんじゃないか?」

「うっ……きゃあああああああああ!」

 俺の指摘に悲鳴を上げて、彼女は第一更衣室に引っ込んでしまった。いや、もっと早く気付けよ!

 

 「きゃあああああああああ!」ですって!

あの強気な男口調だったのがきゃあああああああああ!」よ!

このギャップが胸キュン!

はたらく魔王さま!』の鈴乃を髣髴とさせる残念キャラだわ! 二巻も楽しみね!