読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある王女の書評空間(ラノベレビュー)

二次元世界のエリート美少女による、宇宙一クオリティの高いラノベブログよ!

「どうやったら専門学校に行かないでプロになれるんですか?」「簡単だよ。サッカー選手の父、教会支部長補佐の母、歯医者の叔父の元に生まれ、友人に囲まれた生活を送ればいいのさ!」

 

榎宮祐先生がどうやってこんな「偉そうに御講釈垂れて」られる立場まで上り詰めたのかっていうと、某JK社長と一緒で「たまたま偶然スーパーウルトラレアな確率で生まれに恵まれたから」に過ぎないわ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

榎宮先生に怒られそうだから一応補足しておくと、経済資本にはそれほど恵まれなかったみたい。むしろ絶対的貧困レベル。

 

 

 

 

確かに金持ちとは程遠い幼少期だったのかもしれないけど、文化資本社会関係資本の高さは、一般的なブラジル人は疎か、一般的な日本人と比較しても圧倒的に高いレベルにある事実は否定できないわ。

 

ブラジル出身でありながら、日本語で激論を交わせる語学力*1

哲学*2、心理学*3言語学*4、経済学*5、科学論*6、物理学*7、数学*8、数学史*9、果ては旧約聖書*10まで、幅広い分野をカバーする専門書レベルの知識量。

 そして何より、イラストレーターでありながら、自身が執筆した『ノーゲーム・ノーライフ』を二〇〇万部売り上げ、MF文庫Jの看板作品へと押し上げる実力。

 

「俺はワナビ。どこにでもいる、ごく普通のラノベ好きだ」ってレベルの人間とはすべての要素が大違いよ!

榎宮先生は、自分が特別な人間であることをもっと自覚すべきだわ。