読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある王女の書評空間(ラノベレビュー)

二次元世界のエリート美少女による、宇宙一クオリティの高いラノベブログよ!

業界暴露本としては超一流、ラノベとしては三流以下のゴミ――『ソシャゲライター クオリアちゃん -恋とシナリオと報酬を-』

ラノベレビュー

 

 

ソシャゲライター クオリアちゃん -恋とシナリオと報酬を- (ダッシュエックス文庫)

 

大人気スマホゲーム『チェインクロニクル』などを手がけるトップシナリオライター・下村健が
シナリオ業界の面白さ(と闇?)を描き出す、ソシャゲライター成り上がり譚! !

都内の脚本科に通う、大学生・松平(まつ たいら)は、
シナリオライターとして活動している先輩・川口久月麗(かわぐち クララ)に惚れていた。
過去の恋愛に対するトラウマから1万を超える作品の名セリフを記憶している平は、
言葉の限りを尽くしてクララに告白。
対する彼女の返答は――
「心に引っかかる言葉ばかりだ。いいセンスをしている! 」
こうして実力を買われた平は、ソーシャルゲームのシナリオ制作に携わることに。
しかし、業界には底知れない闇が溢れていた!
だが辞めるわけにはいかない。大好きな先輩を、幸せにすると決めたのだから――。
熱血創作ラブコメティー、開幕!! 

 

 

下村先生の必死にツイートしてる姿があまりにもかわいそうだったので購入。

「評価高いってことはきっと面白いだろうから、ブログでレビューすれば下村先生もあたしも知名度がこいのぼり……じゃなくてうなぎのぼりでWINWINね!」なんて邪なことを考えたり。 

 

集英社は社運を掛けてるのか、特設サイトでは『ドラゴンクエスト』や『STEINS;GATE』のシナリオライターからのコメントや、総勢一〇人のイラストレーターによる応援イラスト、更にはむらたたいち先生のコミックと、ダッシュエックス文庫史上最大の宣伝っぷり。

ここまでするだけあって、本作を読めばソシャゲ業界の内情を隅々まで知ることができるわ。例えば狂った設定。

 

「絵を見る限り、人懐っこそうな、可愛い子じゃないですか。一人称は……『あだち』?」

「そう。『あたし』でも『あーし』でも『わっち』でもなく『あだち』……東京23区の足立区と同じ『あだち』。『ペルソナ4』の冴えない刑事・足立透と同じ『あだち』だ! 名前ではなく、一人称がなっ!!」

(略)

「……これって、表記ミスじゃないですか? さすがにまともな精神で、一人称を『あだち』にする人なんていませんよ。じゃなきゃ、どこが可愛いと思って――」

まともな精神で作られた設定が送られてこないのが、ソーシャルゲーム制作あるあるだ! 私も目を疑い、すぐに確認してみたが『それで合っている』とメールが返ってきた」

 

 例えば低すぎる相場。

 

「発注が来てから今日までの7日間、私なりに必死に考えてみた……1セリフ80円。全部で800円という、コンビニのバイト代より安いかもしれない報酬だが」

(略)

「……ソシャゲの仕事って、そんなに安いものなんですか?」

 クララの必死さに見合いそうにない金額。それについて、正直に訊ねていた。

「PCゲーム。多くは、18禁のエロゲーと呼ばれるものや家庭用ゲームの影響だ。ガラケーと呼ばれる、スマートフォンが流行る前にあったケータイのゲームが世に出始め、まだ数年……いわゆるソシャゲの歴史は他のゲームに比べ、浅すぎるんだ。だからそれより前からあったPCや家庭用ゲームの報酬相場がそのまま使われた。1KBで1000円という、ソーシャルゲームでは安すぎる金額がな」

「1文字あたり、約2円……だから1セリフ40文字ほどのこの仕事が、80円に」

 

『クオリアちゃん』にこめられた想いによると、作品を通して「そんな現場になってはいけない」という願いを製作者に届けたいみたい。

そうした下村先生の熱い思いが、業界関係者に『クオリアちゃん』が支持されてる理由でしょうね。

 

ただ、ソシャゲライターじゃないあたしにとっては、純粋に『クオリアちゃん』はつまらなかった。マッキンゼー風にポイントを三つ挙げるわ。

  

①シコリティが足りない

煎茶先生はチェンクロのイラストレーターって理由で起用されたんでしょうけど、ぶっちゃけイラストが萌えない。人選の失敗。

むらたたいち先生か、同じチェンクロ繋がりなら竜徹先生に任せるべきだったわね。

 

f:id:ranobeprincess:20170108231144j:plain

f:id:ranobeprincess:20170108231209j:plain

 

あとこれは下村先生の問題だけど、リーヤ(上の画像で袴着てるキャラ)を男にするってありえないでしょ! そこは袴っ娘にして、男オタ共をシコらせなくてどうすんのよ!

「中性的なキャラは実は女子でした」ってラノベの王道でしょ!

ガガガ文庫の『友人キャラは大変ですか?』見習いなさいよ!

  

②ただ奇を衒っただけの設定

驚いたのが、 シナリオ制作の話なのに何故か登場人物がリーヤ以外異能持ちなの。

説明するより、4コマ見た方が早いかしら。

f:id:ranobeprincess:20170108232540j:plain

 

f:id:ranobeprincess:20170108232600j:plain

f:id:ranobeprincess:20170108232621j:plain

f:id:ranobeprincess:20170108232639j:plain

バトルするわけじゃないのにこんな設定にした理由が理解不能。

 

③パロディの元ネタを解説するという愚行

悪名高き『放課後バトルフィールド』の手法再び。

プロローグからこれ。あまりにも寒すぎてシラケるわね。

 

俺は死にましぇん! あなたのことが、好きだからっ!!

(略)

「か、家族になろう!?」

「……」

「あなたは死なないっ。俺が守るから!!」

「……」

(略)

俺を…………幸せにしてくださぁぁぁ――――いっ!!

(略)

「『101回目のプロポーズ』に『パルフェ』。『エヴァ』に『バクマン』……だな」

 

クライマックスでも同じ愚行を犯してしまう有様。

 

 目の前にいたのは、驚くほど慈愛に満ちた表情のクララで。

 その手は熱く、コウの左肩を包むようにのせられた。

「生きてる人、いますか?」

 そして放たれたのは、優しく語りかけるような、とある作品の名言。

「『クロスチャンネル』……ですか?」

 答えるコウに、クララはただ笑みを深くし、

「君を、助けに来た」

「……『ひぐらしのなく頃に』でしょうか」

 なにを言っているのだろう?

 コウは不思議な心地で、クララの台詞に言葉を重ねていた。

 対してクララは、愛おしそうに目を細め、

「これが、シュタインズ・ゲートの選択だよ」

 

バッカじゃないの?!

「ここで笑ってね」って合図してるお笑い芸人と同レベルじゃん!

 

同業者からは好評? だから何だって話。

内輪で褒め合うのはただの自己満足でしかないわ。売上が悪くて当然。

一般人をオナニーさせてこそのプロのラノベ作家だってのに。

 

売れない作品には、売れないだけのちゃんとした理由があるのよ。

 

 USJの例で理解してみましょう。多くのアトラクションやイベントを制作していく現場では、担当者達が誇りを持って仕事をしています。全員が「ゲストを喜ばせるために面白いものを作ろう」と思ってやっています。しかしながら「ゲストが本当に喜ぶもの」と「ゲストが喜ぶだろうと作る側が思っているもの」は必ずしも一致しないのです。

 なぜならば、作る側は自然状態では消費者感覚から最も遠ざかる運命にあるからです。テーマパークの様々な仕掛けを考案したり、制作している人々は業界のプロです。プロの作り手は、この業界で経験を積むほどに作り手としての専門的な知識を獲得して玄人になっていきます。それは素人である消費者とは真逆の感覚に進むことを意味しています。

(森岡毅『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』)