とある王女の書評空間(ラノベレビュー)

二次元世界のエリート美少女による、宇宙一クオリティの高いラノベブログよ!

この敬語JCがちょろい!――『俺もおまえもちょろすぎないか』

俺もおまえもちょろすぎないか (MF文庫J)

 

ちょろいとちょろいが出会ったとき――爆発的な化学反応が起こる!

付き合ってください!――少しでも“いい”と思ったらすぐに告白してしまう少年・星井出功成。そんな彼の前に一人の少女が現れる。初鹿野つぶら――彼女は、超がつくほど生真面目な性格で、どんなことでも真正面から受け止めてしまう子だった。誰にでも告白するナンパ男と思われている功成のことも、何か理由があるのだろうと一つ一つきちんと話を聞いてくれて……「好きだ!」そんな彼女に“俺のことを理解しようとしてくれた”と感動した功成は、すぐに告白! 対するつぶらは「私で喜んでもらえたのが嬉しい……この気持ちを理解したいのでもっと教えてくださいっ!」と、なんと付き合うことに!? 2人の恋路はまるで転がり落ちるように進展して――いく? 

 

ニ〇一七年のMF文庫Jは、二つの新作がシコリティの頂点を競い合ったわ。

JKが着用したブラジャーの匂いを堪能するという、作者のフェチズムを惜しげも無く開陳した『(略)』。

強引にディープキスをし、エッチさえも厭わない、究極のドSキャラをラノベの歴史に刻みつけた『絶対彼女作らせるガール!』。

 

ranobeprincess.hatenablog.com

 

ranobeprincess.hatenablog.com

 

ニ〇一八年のMF文庫Jはどんな作品でシコらせてくれるのか。

『絶対彼女作らせるガール!』の二巻発売が決まって更なる期待が高まる中、初月から怪物級の作品が現れたわ。

それが一月ニ五日に発売された『俺もおまえもちょろすぎないか』よ。

 

 

レビューを望む作者がいるところ、レビューを書くあたしあり。

エロゲライターが書いてるだけあって尋常じゃなくシコれる、抜きゲーならぬ抜きラノなのに、現時点でレビューしてるのがhisaと秋野ソラだけなのよね。

 

f:id:ranobeprincess:20180220104820j:plain

 

このままじゃ一巻打ち切りになっちゃうかもしれないわ!

 

ここであたしがレビューすることで、『絶対彼女作らせるガール!』みたいに知名度をやまのぼり……じゃなくてうなぎのぼり、ラノオンアワード受賞作にノミネートするくらいになれば、保住圭先生は売れてハッピー、ラノベ読みは名作に出会えてハッピー。

それに、二巻が出るならあたしに帯コメントが依頼されるかもしれないし!

 

まず目に飛び込んでくるのが、ヒロインであるつぶらが大きく描かれた表紙。

文字通り「つぶら」な瞳で手に取る者を見つめ、頬を紅潮させながら「そ、そんなことないです!!!!!!!」とやや動揺している姿は母性本能くすぐるわ~。

 

すいみゃ先生がtwitterに投稿してるイラストも、これがまたいいのよ!

 

 

かーわーいいーーーーーーーーーーっ!

 

困惑してる表情見てるともっと困らせたくなっちゃう!

バレーボール大の胸はガシって鷲掴みしたくなっちゃう!

ふわっとしたスカートから覗くお尻はサーッって撫でたくなっちゃう!

 

つぶら、激シコ!

 

ここで驚きなのが、つぶらって実は中学生なのよ!

学園もののヒロインは高校生が普通だけど、つぶらって中学生なのよ(二回目)!

 

 僕は普段、大人向けのゲーム(お察しください)のシナリオを書いています。

(略)

 なのでその旨、最初の打ち合わせのときに担当様に申し上げました。こんな人間ですけどいいんでしょうか、大丈夫なんでしょうか! みたいに。なんか怯えながら。

 よいのです、大丈夫です。と担当様は仰ってくださいました。だけでなく、僕に素晴らしい事実を教えてくださいました。

ラノベではJCヒロインが堂々と書けますよ」

「JC……ヒロイン!」

 そのときの僕の「パアァ……」みたいな笑顔になりっぷりと言ったらなかったと思います。

 と申しますのも、大人向けゲームはお察しの事情でヒロインの皆さんは全員十八才以上の大人の女性と決まっております。しかし僕が好きな年代はSCKDで言うとまさしくCでした。子供と少女の端境期ゆえの云々とか、身体はもう充分に女なのに自己認識がまだ追いついてないそのアンバランスさが云々とか、好きな(=書きたい)理由はいろいろありますがここではひとまず置いておきます。とにかく「そうか!」でした。

 

分かる、分かるわ!

 

あたしもJCは好きなんだけど、JCヒロインって『チートな魔王の道具屋は、今日もJKJCが働かない!?』の御中ぐらいしか思い浮かばないのよね。

JKヒロインはありふれてるし、JSヒロインは『ロウきゅーぶ!』『天使の3P!』、最近だと『りゅうおうのおしごと!』で話題だけど、JCヒロインってまだまだラノベではマイナーな存在。

保住圭先生にはもっともっとJCヒロインを布教してもらわないと。

 

中学生って良くも悪くも精神が未熟で、その辺りがこの作品の魅力なのよね。

つぶらがちょろすぎて、怪しいおっさんに誘拐されるんじゃないかって心配。

主人公の功成、高校生じゃなかったら完全に通報ものなのよね。 

 

「――好きだ!」

 

 俺は言っていた。

 自分で驚いた。

「え……あ……」

 初鹿野も、大きな目をさらに大きく見開いていた。

 さっきまでムスッとへの字になっていた唇が、ぱくぱくと開閉する。

 まだあどけなさが色濃く残る頬は、みるみるバラ色に上気していって。

 それは、彼女が俺の言葉をきちんと受け止めてくれてるからこそだって、分かって。

(ああ、そうか。そうなんだ)

 胸の鼓動が、身体中に響きわたるみたいに。

 自然と納得した。理解できた。

 

 ――今まで。

 この子いいなぁ、と女の子に対して思ってたのは嘘じゃなかった。

 親切にしてもらえたのは、素直に嬉しかった。

 だけど、そうじゃない。だから告白っていうのは、違ってた。

 こういうものだったんだ。

 この子ならひょっとして……と期待して切り出すんじゃなくて。

 この子が好きだから、付き合いたい。この子だから一緒に歩いていきたい……。

 

 ……これが、恋なんだ。

 俺は初めて、女の子に恋をしたんだ。

 

ちょろちょろーいっ!

いくらつぶらが功成の告白癖に理解を寄せてくれたからって、出会った日に告白するって早すぎぃ!

これがおっさんだったら「もしもしポリスメン?」って警察呼ばれるレベルだわ!

 

つぶらもつぶらで断るどころかOK出しちゃうし!

 

「俺は、君が好きです」

「――――」

「今日、初めて会ったばっかりだけど、まだほんの少ししか話してないけど、でも、俺は君が好きになりました」

「あ、うあ、ぁ」

「君のことを大事にしたいって。君がそうしてくれたみたいに、俺も……君のことを理解したいって、思った。思いました」

「あうあうあぁっ……」

 夢中で言葉を紡いだ。懸命に、伝えた。

「君が話を聞いてくれて嬉しかった。君が頑張って理解して、尊重してくれたのが嬉しかった。だから、君もそう感じてくれたら嬉しい……」

「わ、わたっ、わたし、は」

「……俺と付き合ってもらえませんか。ずっと、大事にさせてもらえませんかっ」

「は――――」

 初鹿野つぶらという、俺が初めて恋をした女の子は……。

 

「はい……」

 こくん、と。頷いて。

 

 俺の初めての、彼女になってくれた。

 

ちょろちょろーいっ!

これじゃ誰が告白しても成功率一〇〇%じゃない!?

キモくて金のないおっさんが告白してもOKしちゃいそうなちょろさだわ!

 

 

しかもここまでのやりとりって第一章の五〇ページまでの話なのよ!

これほどまでにちょろすぎる作品は前代未聞だわ!

 

というわけで「あー俺もJCとお付き合いしてーよー」って願望のあるラノベ読みは、今すぐ『おまちょろ』を買うのよ!

保住圭先生は全国のラノベ読みに希望を与えてくれる救世主ね!

 

俺もおまえもちょろすぎないか (MF文庫J)

俺もおまえもちょろすぎないか (MF文庫J)