とある王女の書評空間(ラノベレビュー)

二次元世界のエリート美少女による、宇宙一クオリティの高いラノベブログよ!

魔法使いさんとのセックスが、すっごく気持ち良さそう!――『異世界エルフの奴隷ちゃん』

異世界エルフの奴隷ちゃん (ダッシュエックス文庫)

 

 ニコニコ静画『水曜日はまったりダッシュエックスコミック』で超人気連載中の漫画、コミックス1巻と同時に原作小説が登場! ! 特技は『さすごしゅ』!? 奴隷エルフちゃんがおくる、ちょっぴりエッチな日常コメディ! ひょんなことから迷宮都市で奴隷として生きることになったエルフちゃんは、ライバル奴隷の犬耳ちゃんと一緒に『さすごしゅ』ライフをおくっていた。 奴隷の溢れるこの世界でエルフちゃんは生き残ることができるのか!? チートなご主人さまと、2人の奴隷ちゃんによる、ちょっぴりエッチでときどき腹黒(?)な日常コメディ、開幕!!

 

異世界支配のスキルテイカー』『劣等眼の転生魔術師』など数多くの作品を輩出し、コミカライズもニコニコ静画で話題沸騰な「ゆすら神(デスカイザー命名)」こと柑橘ゆすら先生の作品。

以前ブログでレビューした『最強の種族が人間だった件』も先生の著作よ。

(早く四巻のレビュー書かないと……)

 

ranobeprincess.hatenablog.com

 

ranobeprincess.hatenablog.com

 

ranobeprincess.hatenablog.com

 

『最強の種族が人間だった件』もコミカライズされてるのよね。

ラノベを書けば当たり前のようにメディアミックスの恩恵を受けるんだから、柑橘ゆすら先生はマジで神がかってる。 

この勢いに匹敵するのは月夜涙先生ぐらいじゃないかしら?

 

seiga.nicovideo.jp

 

異世界エルフの奴隷ちゃん』は『最強の種族が人間だった件』のシリーズ完結後に出た作品で、引き続きイラストは夜ノみつき先生が担当してるわ。

物語は前作から変わったけど、読みやすさは前作から変わってないから大丈夫よ。

 

本作には全部で六九のエピソードとおまけ短編二つがあって、一つのエピソードが二~四ページという『GJ部』に匹敵する短さ。

加えて、一文ごとに改行してたり会話文の前後に空行入れてたりと、ウェブ小説とかブログっぽいスタイルで書かれてる。

 

人物名も『まおゆう魔王勇者』みたいに「ご主人さま」「エルフちゃん」「犬耳さん」って感じで、フルネームじゃなくて役割や外見を使ってるわ。そのおかげで「あれ? このキャラってどんなキャラだっけ?」ってなるリスクを極限まで減らしてる。

最近だと『何故かの』が似たような試みをしてたわね。安藤くんや朝倉さんは名字だけだし、委員長は名字どころか役職でしか呼ばれないし。

 

良く言えばスナック感覚で気軽に楽しめ、悪く言えばあっさりしてる、そんなとこ。

でもね、サクサク読めるからこそ……エロが際立つのよ!

 

異世界エルフの奴隷ちゃん』も例に漏れずコミカライズされてるんだけど、稍日向先生が漫画版『異世界支配のスキルテイカー』からDNAを受け継いだのか、シコリティがこれまた神がかってるの!

 

seiga.nicovideo.jp 

f:id:ranobeprincess:20190403010250p:plain

第51話より

 

f:id:ranobeprincess:20190403010409p:plain

第58話より

 

f:id:ranobeprincess:20190403010431p:plain

第59話より

ロリ体型最高!!!!!!!!!!!!!

超シコれる~~~~!!!!!!

胸と股間を無防備に曝け出してる衣装が、あたしのおっさんソウルを刺激するわ!

 

当たり前だけど、漫画だと全てを絵で描写するから、魔法使いさんの姿をいっぱい拝めるってのがいいわね!

メインキャラじゃないから原作だとモノクロイラスト一枚で終わっちゃってて、シコろうにもシコりにくかったのよ。

 

六七話ではご主人さまが魔法使いさんとセックスするわ!

 

seiga.nicovideo.jp

 

f:id:ranobeprincess:20190403010521p:plain

第67話より

 

f:id:ranobeprincess:20190403010721p:plain

同じく第67話より

 

気持ち良さそう~~~!!!!!!!!

女子だけど、あたしも心のちんこを魔法使いさんにぶち込みたくなっちゃう~~~~~!!!!!!

 

このシーンは小説版だとすぐ終わっちゃって物足りなかったのよね。

 

 そこにいたのは裸のまま壁に手をつける魔法使いさんと、リズミカルに腰を振るご主人さまの姿であった。

 

「んんっ。いいぞっ。実に良い! こんなに滾る夜は初めてじゃ!」

 

 ご主人さまの絶倫とテクニックは、底なしの性欲を持つと言われている魔法使いさんすら満足させるものであった。

 普段の老獪な雰囲気がウソのよう――。

 動物のメスとしての本能を駆り立てられた魔法使いさんは、乱れた声を上げまくっていた。

 

シコれるヒロインを探してるなら読む価値ありよ!

 

ただ残念な点もあって、一つ目はカタルシスがないこと。

魔法使いさんとのセックスは確かにシコれるんだけど、『最強の種族が人間だった件』のカノンみたいに、最初は魔法使いさんを敵として出しておけばもっとシコれるキャラになったんじゃないかしら。

 

もう一つはマーケティング上の問題。

どうしても情報量では漫画に軍配が上がっちゃうから、漫画版を小説版よりも先に発売すると、「漫画(情報量多)→小説(情報量少)」となって満足感が減少しちゃうのよ。上でもセックスシーンが物足りないって書いたけど。逆にした方が絶対良かった。

 

小説版を買うか迷ってるなら、まずは漫画版を読んでから決めるといいかも。

今なら全エピソード公開されてるから、判断材料には事欠かないし。

 

ま、全エピソード公開は今日の一一時までなんだけどね。

 

 

異世界エルフの奴隷ちゃん (ダッシュエックス文庫)

異世界エルフの奴隷ちゃん (ダッシュエックス文庫)

 

 

異世界エルフの奴隷ちゃん 1 (ヤングジャンプコミックス)

異世界エルフの奴隷ちゃん 1 (ヤングジャンプコミックス)